ニキビとは、顔を中心とした皮膚上にできる異常のことで、脂や汚れが毛穴に詰まるなどして、肌に炎症ができるものです。皮膚がぷつぷつと盛り上がったり、赤くなったりします。ニキビそのものは治っても、跡が残ってしまうことがあります。
ニキビケアを行うときによくやってしまいがちなのが、肌の油分を取りすぎてしまうということです。肌の油分が少なくなると、肌も乾燥しやすくなります。肌が乾燥しているときは肌トラブルが起こりやすい状態でもあり、ニキビもできやすくなってしまうのです。例えば、熱いお湯で顔や体を洗ったりしていると、肌の油分を取りすぎてしまいます。そのため、ぬるま湯で洗うようにするのが最適でしょう。いつも熱いお湯で体を洗っていた人からすると、ぬるま湯で洗うのは物足りなく感じてしまうかもしれません。しかし、ニキビケアとしては簡単で効果的なため、まず一番に試してもらいたい方法です。また、もしニキビができてしまったときは、なるべく触らず、そのままにしておくべきでしょう。どうしても早く治したいという場合には、薬を塗っておくと安心です。肌の油分を適度に保つことができれば、自然とニキビのできにくい肌になっていきます。そのため、ニキビケアはあせらずに取り組んでいくことも大切です。
乾燥を避け、保湿を行うという意味で、オールインワンジェルでケアを行うのも一つの方法です。思春期のニキビではなく、乾燥が原因の大人ニキビなら、30代におすすめのオールインワンジェルを使用するとよいでしょう。
症状は肌を清潔に保ったり生活習慣を整えることで改善する場合もありますが、あまりにひどい場合は病院での治療が必要です。
症状の治療にはいくつかの方法がありますが、その中にLEDライトを利用したものがあります。LEDの青色の光(ブルーライト)には、原因となるアクネ菌を殺菌する効果があるのです。また、皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、皮脂の過剰分泌によるニキビが原因の場合には、ニキビの改善が期待できます。
ブルーライトによる治療は美容皮膚科で受けることができます。一回にかかる所要時間は長くなく、30分以内で終わります。
また、ブルーライトは現在あるニキビを改善するだけではなく、今までにできてしまった跡も軽減する作用があります。ブルーライトだけではなく、赤色の光(レッドライト)にも炎症を抑える効果があり、症状に合わせて受ける施術を変えることで、より効果的に治療することができます。